新型M1 iPad Pro 2021購入!最速レビュー!実際に使ってみてどう?Apple製品

新型iPad pro 2021 遂に到着しました!

iPadPro_2021_新型

今回私は、シルバーの256GBのwifiモデルをビックカメラを通じて購入しました。予約開始時間から9分後くらいで予約が完了したので当日に手に入るか不安だったのですが無事ゲットできました!

💡まずは、箱の中に入っているもの紹介していきます。💡

左からiPad Pro 11inch、いつも入ってるやつ、両端がusb-cのケーブルと20Wの電源アダプター

新型iPadPro_箱_中身

触ってみたかんじ若干分厚くなっているように感じましたが、目で見た感じではわからないですね。

iPadPro_厚さ_違い

💡今回購入した理由💡

  1. iPadM1が搭載されたから!
  2. 今使っている2018モデルのiPadのバッテリーに劣化を感じたため
  3. 2018モデルがごく稀に、処理にもたつくことがあったため
  4. apple信者だから

以上の3点が大きな理由として挙げられます

iPadにM1が搭載されたから!

M1と聞いて何だそれと思われる方も多いと思います。簡単に説明させてもらうと、省電力シリコンとしては世界最速のCPUコアでありワット当たりのCPU性能は世界最高と史上最強のチップです!昨年11月にあったappleのイベントで発表され、今回のiPad Proに搭載されるまでmacシリーズにしか搭載されていませんでした。それが、今回待望のiPadProに搭載されるとなり世界中で多くの反響がありました。具体的にどれほど性能がアップしたかというと、全モデルのiPad Pro2020と比べてCPU性能は最大50%、GPU性能は最大40%アップしました。2020モデルですらオーバースペックだと言われていたのですが、もう超オーバースペックとなってしまいますね。apple信者として買わないという選択肢はありませんでした。

使ってみての感想:サクサクです、apple pencilでグチャグチャっと書くとラグが2018モデルでは出ていたのですが無くなりました私のペンの速度にしっかりとついてきます。また、以前は大容量のファイルを開く時と表示されるときに少し時間が掛かっていたのですが、ほとんどラグを感じないほどに改善されていました。恐るべしM1🥶

2.今使っている2018モデルのiPadのバッテリーに劣化を感じたため

これに関しては、自分の使い方が悪かったというのも原因なのかもしれませんが…2018モデルを購入してからすでに2年以上経っていたので一般的に言われている2年がバッテリーの交換の目安と言われているように仕方ないかと思われます。

apple storeでiPadのバッテリー交換を頼むと10400円で修理ができ、apple careに加入されていて最大バッテリー容量が80%を下回るという条件を満たすと無料で交換ができるとのことです。自分は2世代前のiPad proにapple careに加入していないので10400円払わなくてはならず個人的に割高に感じました。

使ってみての感想:当然ですが新品でバッテリーの劣化も無いため、バッテリー持ちは良いですよね

3. 2018モデルがごく稀に、処理にもたつくことがあったため

皆さんもゲームだったり何かアプリを使っている最中に突然動きがカクついたりする事ってありますよね。原因として考えられるのは、iPadなどの端末とアプリ自体の問題の2つが挙げられます。自分の場合はiPadを主にノートを取ったり資料をまとめたりすることに使っていたため、goodnote5やデフォルトのファイルアプリを使っていました。しかし結構な量のファイルを入れていたのでそれが原因でカクついていたのかもしれませんね。アプリ側と端末側のどちらに原因があるかは定かでは無いにしろ性能が上がればそういった不便に感じるところもなくなると思いました

使ってみての感想:物凄くサクサク動きます笑 ずっと使っていた2018年モデルのiPad Proも充分サクサクだと思っていたのですが、使ってみると体感で全然わかるほどに動作がスムーズでした。11inchモデルに関してはディスプレイのアップデートは無いので前モデル全く一緒なのですが、動きが良いように感じると言うことはやはり性能の向上により動作が改善されたのが大きな要因と言って良いでしょう。

新型iPad Pro2021を買ってコレはすごいなと思った点

インカメが今回のモデルから超広角に対応したため、センターフレームという機能がつきました。どういった機能かと言うと、例えばzoomやgoogle meetなどでオンラインミーティングをするときや友人などとFacetimeをする際にカメラが自分を常に真ん中においてくれると言う機能です。例えば、ミーティングや通話の最中に右や左に自分が動いたとするとカメラ側が自分を追いかけて真ん中に配置してくれるという機能です。また、自分以外の人が入ってきた場合はカメラをズームアウトさせ全員が映るようにするなどしてくれます。

おそらく、言葉の説明よりも動画などの説明がわかりやすいでしょうからセンターフレームについて分かりやすく紹介されている記事のリンクを貼っておきます。https://www.gizmodo.jp/2021/05/ipad-pro-center-stage.html

もう一点あげると、スピーカーの音質がかなり良くなっていると感じました自分の2018モデルのiPad ProとMacbook Pro2018の両モデルと比べても格段に向上されているように感じました。個人的には音がクリアに聞こえました。

※6月にWWDC(世界開発者会議)があるので、おそらくそこでiPad OS15がリリースされると予想されています。そのタイミンングで今回のiPad Pro2021が力を発揮すると思われます

結局、買ってみてどうだった?

まず言えるのは、iPad Proは自分のような普通の人よりは使うがクリエイターの方々と比べるとそこまでは使わないと言った層に関しては当然ですがオーバースペックです。apple信者でないならば、iPad Air第四世代か前モデルのiPad Pro2020を購入することをオススメします。そうは言っても、やっぱりappleの新製品って欲しくなっちゃうじゃないですか、あの箱を開けてフィルムを剥がすときのワクワク感はたまらないですよね笑 中には、そんなオーバースペックのiPadなんか買ってどうすんのと思う人もいるでしょうが自分は良いんじゃないのって思います。そんなにハードに使わないならM1iPadなんて使っちゃダメなんてルールないですし、むしろ最高の一台をどう自分が活用していくかじゃないですかね?性能が高ければやれる事も増えていくはずです。新型iPad Proを買うのは未来への投資と自分に言い聞かせて買ってみませんか?以上です

追記:以前から言われているiPadをパソコンと同じように使えるかというのはまだ難しいと思います。パソコンには近づいてきていますが…まだまだ時間は掛かると思います。

Mac, iPad, AirPods, AppleWatchなどapple製品が安く買える!

中古品にはなってしまうのですが、新品同様に整備され中古価格で売り出されているものです。整備品は新品同様なのに安く非常に人気が高いのですが数が少ないため早い者勝ちになっています。気になっている商品があったら早めに購入されることをオススメします!   下の青い文字がリンクになっていますので、そこからAmazon整備品のページに飛ぶことが可能です

【Apple Watch 取り扱い開始】Amazon整備済み品

Amazon整備済み品は、正常に機能し新品同様に見えるよう整備され、検査とテストをクリアした再生品、中古品、展示品、開封品です。Amazonが定める品質基準をクリアし一定の販売実績がある認定出品者(Apple認定業者とは異なります)により、診断試験が行われ、修理・部品交換・徹底したクリーニングが済んでいます。 商品から30cm離れて見ると、使用感や表面的なキズ・損傷はほぼ確認できず、また販売時点でのバッテリー容量は新品の商品の80%以上で提供されます。 商品が正常に機能しない場合、購入から180日の保証期間内であればAmazon認定出品者より交換または返金が受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です