留学エージェントの選び方をセキララ紹介【実体験でわかった闇とは?】

留学エージェントの選び方と闇

私自身が留学した際に、留学エージェントを利用したのですが現地に着いて暫くしてから結構悪質なことをしているなと感じたためです。中には良いエージェントもありますが他の人の感想なども見る限り悪質なエージェントも少なくありません。自分と同じような経験をして欲しくないと思い書くことにしました。

例えばどんなところが悪質だった?(自身の経験談)

具体例をいくつか上げさせてもらいます。

  1. 価格がボッタクリ
  2. サポートが大した事ない
  3. プライベートへの干渉
  4. エージェントの大学との癒着

主にこの4つに関して以下で詳細を書いていきます。

1. 価格がボッタクリ

大学に通ってる中で、当然色々な国から来ている生徒と話す機会があります。大学にもよるとは思いますが、自分の通っていた大学はエージェントを使っている生徒が多かったです。そこで、エージェント料いくらだったかと聞くと無料だったり自分の払っているものと桁が一つ少なかったりなど自分の払っている金額を言うと皆驚いていました。(自分の払っていたエージェント料の詳細を明記するのは控えさせていただきます。使ったエージェントや身バレを防ぐため)

現地着いてすぐの頃は当然何もわからないですし、手続きなどエージェントスタッフに多少助けてもらいましたが最初だけです。ですが、数ヶ月も経ち現地にも慣れてくると色々とわかってきます。自分の留学先は英語が第一言語の国ではなく、事前に英語を話せる人が大学以外ほとんどいないと言われていました。実際には結構話せる人が多く、最初に手助けしてもらった手続きも後々考えると自分でできるようなことでした。そもそも、現地のことを良くわかっているはずのエージェントが英語を話せる人が普通にいることを把握していない時点で論外ですよね。例を挙げると、銀行口座の開設、ケータイの契約、アパートの契約、ビザの申請など、大学での手続きの手伝い…ありますが、これらの手続きでエージェントがしたのはその場所に私を連れて行って手続きの最中に横から相手のスタッフが言っている英語を日本語に多少訳す程度でした。この件も、はっきり言ってその住所を送ってもらえればGoogle Mapで辿り着ける、また横で翻訳しなくていいと言った感じで無くてもいい手助けです。こんなことに大金を払うなんて馬鹿馬鹿しいいです。また、入学後の大学への要望や届出などエージェントに頼むとメールアドレスが送られてきて、このメールアドレスにその内容を送ってくれなどといったこともありました。

まとめ

  • そもそも、価格が他の国からきている生徒と比べて高すぎる。
  • 価格とサポート内容の釣り合いが取れていない
  • サポートしてくれるのは最初だけで、徐々に何もしなくなってくる

2. サポートが大した事ない

たいてい、エージェントは最初の留学の相談をする際にあんなことやこんなことまでサポートしますなど言ってきます。所詮、こんなものはクライアントに対して留学への不安を取り除いて契約させようとさせるためのビジネス戦略でしょう。

主にエージェントのいうサポートと言えばこう言ったものがあげられます。

  1. 入学手続きやビザの申請に関する手続き難しい手続きではないです、自分でいきたい大学の応募要項見て大学にメールすれば何をしたらいいか教えてくれます。ビザの申請に関してなど合格後の流れは、大学から送られてくるはずです。エージェントがこの手続きの中でしている事といえば大学からの指示を翻訳して我々に教えて、大使館にビザ申請の手続きの予約をするなどです。はっきり言って自分で出来ます。
  2. 勉強のアドバイス:エージェントなんかより現地の生徒の方がよっぽど知っています。当たり前ですよね、エージェントは学校で勉強しているわけではないので
  3. 海外生活のアドバイス:よっぽど僻地に留学するならまだしも、ネットで調べればわかります。もしくは現地人の友達を早く見つけましょう。自分は現地人の友達を作るのを強くオススメします。その街を一番よく知っているのは現地人です。
  4. アパート契約の手続き:エージェントに希望を言って探してもらったのですが、自分で不動産サイトを使って探せば良かったと後悔しています。というのも、行ってから家賃が適正価格から外れている(おそらく、エージェントが手数料を上乗せしている)のともっと格段に良い物件が自分で探したら簡単に見つかった。
  5. 航空券の手配:こんなん自分でできるわ
  6. 定期的なカウンセリング:正直いらないです、鬱陶しいです。悩みがあるなら、学校、友人か親にでも相談しましょう。
  7. メールではなく対面でのサポート:メールのみのサポートの方が安いです、選べるのならメールの方で良いと思います。対面じゃないといけない事できない事ってありますか?
  8. 英会話レッスン:自分でオンライン英会話申し込めば良くないですか?
  9. 空港でのお迎え:これは、意外とあったら楽な気がします。自分はありました。初めて行く場所だったらあると便利な気がします。

まとめ

自分的に9以外要らないのではと思います。9ならわざわざエージェントに頼む必要もないですね。

 

3. プライベートへの干渉

これは、全てのエージェントに当てはまらないと思います。自分の使っていたエージェントであったのですが、他の都市に行くなど遠出する時は逐一報告させられたり電話で今どこにいるかなど確認されました。途中から無視していましたが…

特に酷かったのは、実家の家族の仕事が特殊だったこともあり色々と聞いてきたりしてきた時でしたね😅

これは、かなりのレアケースだと思います。現地にいたエージェントのスタッフが変な人だったので…

 

4. エージェントの大学との癒着

これは、自分より後から入ってきた人から聞いたのですがエージェントが大学側に働きかけて日本人はエージェント通さずに入学ができないようにしているようです。酷いですよね、エージェントが要らない人も当然いるでしょう。その結果、エージェント経由で入学した生徒に言われたのはエージェントを通さずに入学した生徒とは関わらない方が良いや情報を一切渡さないでくれなどのお願いがありました笑 関わるか関わらないかはこっちの自由ですよね。エージェントと大学の癒着には関係ないのですが、入学前に現地の日本人学生との関わりは禁止されていました。どうして、現地に留学している生徒と連絡を取ってはいけないのか…どうしてかはもうお分かりですよね

所詮、エージェントもビジネスです期待するのはやめましょう。

結論

一旦、エージェント無しで大学に入れるのか自分でトライしてみる。エージェントを通さなければ入れないような大学ならばエージェントを探してみる。値段の安いところで良いと思います。実際に2回目の留学を東南アジアでしますが、エージェントを通さなければ入れない大学だったので無料のエージェントを利用しましたが何も問題ありません。

大抵のことは自分で出来ないと海外留学はそもそも難しいと思います。(あくまでも自論ですが)

  • とりあえず、自分で手続きをやってみる。出来なかったら」、エージェントを使うのも手です。
  • 値段は全然安いところでも良いと思います。エージェントに使うお金を他に使う方が良いと思います。
  • エージェントはサポート面で色々言ってくるが過度の期待は禁物。してくれたらラッキーくらいのスタンスの方が楽です。

もしこれから、留学する人への参考にでもなったら幸いです。

 

Mac, iPad, AirPods, AppleWatchなどapple製品が安く買える!

中古品にはなってしまうのですが、新品同様に整備され中古価格で売り出されているものです。整備品は新品同様なのに安く非常に人気が高いのですが数が少ないため早い者勝ちになっています。気になっている商品があったら早めに購入されることをオススメします!   下の青い文字がリンクになっていますので、そこからAmazon整備品のページに飛ぶことが可能です

【Apple Watch 取り扱い開始】Amazon整備済み品

Amazon整備済み品は、正常に機能し新品同様に見えるよう整備され、検査とテストをクリアした再生品、中古品、展示品、開封品です。Amazonが定める品質基準をクリアし一定の販売実績がある認定出品者(Apple認定業者とは異なります)により、診断試験が行われ、修理・部品交換・徹底したクリーニングが済んでいます。 商品から30cm離れて見ると、使用感や表面的なキズ・損傷はほぼ確認できず、また販売時点でのバッテリー容量は新品の商品の80%以上で提供されます。 商品が正常に機能しない場合、購入から180日の保証期間内であればAmazon認定出品者より交換または返金が受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です